筑南小中学校のあり方を考える会』発足

 令和元年12月25日、第1回「筑南小・中学校のあり方を考える会」協議会が開催されました。大坪氏から会設立の趣旨及び経過説明があり、その後会長に大石官氏が選出されました。
少子化の波により、近隣の小学校、中学校が統廃合されています。小中一貫校も設立され、筑南小・中学校も大きな変革期を迎えようとしています。地域全体としても、学校・教育委員会だけにまかせるのではなく、筑南小・中学校の将来を考えていく必要があると思います。

『筑南小中学校のあり方を考える会』便りを下記に示します。